90歳が高速道路を軽トラで逆走→大型トラックに正面衝突して死亡

8ede84f3-s

28日午後9時半すぎ、兵庫県三木市の中国自動車道吉川インター付近で、軽トラックが逆走し大型トラックと正面衝突しました。
 軽トラックを運転していた三木市の森上源一さん(90)が死亡し、大型トラックの運転手にけがはありませんでした。

28日夜、兵庫県三木市の中国自動車道で、軽トラックがおよそ3キロにわたって上り車線を逆走して大型トラックと正面衝突し、運転していた90歳の男性が死亡しました。

警察によりますと、森上さんは吉川インターチェンジから高速道路に入り、2キロほど走行したあとUターンして、およそ3キロにわたって逆走したと見られるということです。

森上さんは、1年4か月ほど前に運転免許を更新し、その際、認知症が疑われる兆候はなかったということですが、妻は警察に「最近、夫が物忘れをするようになった」と話しているということです。警察が事故の状況などを調べています。

8ede84f3-s
エクストリーム自殺

Top