小学六年生が飛び込みで首を怪我した事故、指導の教員が「腹打ち三銃士」や「腹打ちの女王」と呼び、事故女児へのプレッシャーに

bfb90fc4

鳥取県湯梨浜町の羽合小学校で去年7月、6年生の女子児童が飛び込みの練習中にプールの底で頭を打ち、今も首の痛みや手足のしびれなどの後遺症が残るけがをしました。

当時は男性教員2人が指導にあたっていて、このうち1人が飛び込みが苦手で水面におなかを打ちつけていた児童4人をふだんから「腹打ち三銃士」や「腹打ちの女王」などと呼んでいたことがわかりました。

けがをした女子児童も「失敗したら自分もおかしな呼び方をされる」とプレッシャーを感じていたということで、教員の不適切な発言が事故の要因の1つになった可能性もあると見て調べることにしています。

鳥取県湯梨浜町の町立小学校で昨年7月、6年の女子児童(12)が放課後の水泳の課外授業で、男性教諭の指導下でプールに飛び込み頸髄を損傷、6日間入院するけがを負っていたことが2日、分かった。女児は現在も手などにしびれが残り、リハビリを続けている。

町教委は調査委設置が遅れた理由について「順調に回復していると報告を受けていたため」としている。

町教育委員会は2日に調査委員会を初めて開く。
bfb90fc4
先生も教育委員会もなんのための存在なのか

Top