東日本大震災6年で追悼式


東日本大震災から6年を迎えた11日、政府主催の追悼式が東京都千代田区の国立劇場で営まれた。

 秋篠宮ご夫妻、安倍晋三首相ら三権の長、遺族の代表ら約950人が参列。地震が発生した午後2時46分から1分間、黙とうし、犠牲者の鎮魂を祈るとともに東北の再生へ誓いを新たにした。

 首相は式辞で、被災地のインフラはほぼ復旧し、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示も解除が進んでいるとして「復興は新たな段階に入りつつある」と指摘。同時に、なお12万人以上の避難者がいることに触れ、「心と体のケアや新たな地域社会の形成など、切れ目のない支援に力を注ぎ、さらに復興を加速していく」と表明した。

 今回、天皇、皇后両陛下は臨席されず、初めて秋篠宮ご夫妻が出席した。秋篠宮さまはお言葉で「困難な状況にある人々誰もが取り残されることなく、平穏な暮らしを取り戻すことができる日が来ることは、私たち皆の願いです」と述べられた。

 岩手、宮城、福島の被災3県の遺族代表も、それぞれ思いを語った。

 岩手県田野畑村出身の千葉陽さん(41)は津波で父を失った。「何とか生き残った者として、精いっぱいに生きることを全うし、『辛(つら)さ』を『幸せ』に変えられるように、少しでもできることをしていきたい」と決意を述べた。

 宮城県石巻市出身の佐藤昌良さん(57)は「過酷な経験を後世に色あせることなく語り続けるため、あの悲しみを忘れない」と述べた上で、「空から見えるいい仕事をして、古里の復興を必ず成し遂げたい」と亡くなった両親に思いをはせた。

 福島県川内村出身の石井芳信さん(72)は、原発事故に伴う避難指示が解除されても全村民が戻るわけではなく「以前のような村の姿には程遠い」と嘆き、「みんなで力を合わせ、復興と再生を進めていくことが私たちの責務だ」と力を込めた。

 警察庁によると、10日現在の死者は1万5893人、行方不明者は2553人に上る。 

◆仮設商店街 移転進まぬ背景
東日本大震災から6年を迎えた被災地で、震災後に復興支援として建てられた「仮設商店街」の多くで設置期限が迫っています。
独立行政法人の「中小企業基盤整備機構」(中小機構)が建設し、各自治体を通して被災した商店主などに無償で店舗を提供してきた仮設商店街は、岩手、宮城、福島など被災地に合わせて70か所。しかし、2017年2月末時点で閉鎖されたのはこのうち18か所で、残りの仮設商店街の多くも、この3月末から2年以内に退去・撤去の予定になっています。テナント料や集客への不安などの理由から新しい商業施設や常設店舗への移転は思うように進んでいません。

岐路に立つ被災地の「仮設商店街」 迫る退去期限、新設への移転進まず
[写真]久之浜第一小学校の敷地の一部を間借りして建てられている「浜風商店街」
「仮設」から「新設」に移転する店舗はゼロ
 福島県いわき市にある久之浜地区の商店街は、東日本大震災の地震と津波で全壊する被害を受けました。そんな久之浜にあって地元小学校の敷地を間借りしてる「浜風商店街」は、震災後で最初にオープンした仮設商店街。プレハブ1階建てで、2011年9月、食堂やスーパーマーケット、理容室、駄菓子屋さんなど、9店が集まって営業を始めました。「からすや食堂」の遠藤貴美さん(56)は、仮設商店街が地域のコミュニケーションの拠点だったと話します。

「この商店街は、地元の人も、地元以外の人も、本当にいろんな人たちが来てくれたんだよね。だから、来てくれた人たちには、気持ちよく帰ってもらえるようにって笑顔で迎えてきたんです。みんなここに集まって、お茶飲んで……。でも、このお店も一応3月いっぱいまで。4月からは元の場所に戻って営業することになってるけど、まだはっきりしてないの」

 「浜風商店街」の退去期限は3月末の予定です。「からすや食堂」の新しい店舗も建築中ですが、建築業者の人手不足もあり、店舗が再オープンする日程が未だに決まってないのです。

岐路に立つ被災地の「仮設商店街」 迫る退去期限、新設への移転進まず
[写真]「浜風商店街」会長の遠藤利勝さん
 久之浜では、この4月、かさ上げした沿岸に新しい商業施設「浜風きらら」が新設オープンする予定ですが、「浜風商店街」から移転する店は1軒もありません。商店主たちは口々に、経済的に条件が合わなかったと言います。

 一足早く仮設店舗から卒業し、元の場所をかさ上げしてスーパー「はたや」を再建した遠藤利勝さん(52歳)は、経営が黒字になる見込みはまだ立たないと言います。

「あんまり考えても仕方ない。動いている方がいい。そう思って店を再建しました。でも、ご覧の通り、この近所で全壊した家は、まだほとんど再建してません。『浜風きらら』も4月にならないとオープンしないし、復興住宅などからこの辺りにつながる橋もまだ建設中です。復興が進んで新しい人の流れができてくれば、何とかなるかなって思ってるんですけど……」

 これは、久之浜だけに限った話ではありません。岩手・宮城・福島の津波被害の大きかった沿岸地域では、仮設店舗から店を再建しても多くの場合、肝心の客が集まらずに売り上げが見込めないという現実があります。

復興需要に頼らず離れた地元の客を取り戻す
 宮城県の調査によると、2016年10月時点で県内の仮設商店街で営業する302店舗のうち、262店舗が営業継続を希望していますが、そのうち約42%の111店が「再建方法は未定」と回答。その理由として、復興の遅れなどで再建場所の確保が困難である事や、売り上げの回復が見込めない事をあげています。

 宮城県南三陸町の「さんさん商店街」は、2012年2月にオープン後、年間で20~40万人もの観光客などが訪れる人気スポットでした。2016年12月に仮設商店街は閉鎖、沿岸のかさ上げされた地域で新たに常設の「さんさん商店街」が建てられ、今年3月3日に再オープンしました。

 しかし、仮設店舗から常設店舗へと移転したのは32店舗のうち23店舗。地元で長く親しまれた「豊楽食堂」は、常設店舗には移転せず休業する事を選択した一軒です。仮設の「豊楽食堂」を切り盛りしていたのは、岩田大さん(29)。仙台で板前修行をしている身でしたが、祖母が仮設商店街で店を再建するのを機に、祖母の店の厨房に入り腕を振るってきました。

「移転の話がなければもっと続けてたかもしれませんが、自分の力不足です。テナント料などの関係もありますけど、自分の場合は、もう一度ちゃんと腕を磨きたいと思ったんです。このまま観光客とか復興関係者で賑わってる状況が続くとは思えない。未熟な自分を支えてくれた商店街の人たちや、『店を再開するときにはまた来るよ』と言ってくれたお客さんたちを裏切らないためにも、ちゃんと腕を磨きたいです」

 震災前は街の中心地にあり、ほどんど地元の人だけが利用していた「豊楽食堂」でしたが、震災後は地元の人たちが離れてしまったと岩田さんは実感しています。だからこそ、地元の人たちに親しまれるような店をもう一度南三陸で再開したいと決意を語ってくれました。

岐路に立つ被災地の「仮設商店街」 迫る退去期限、新設への移転進まず
[写真]かさ上げされ、いよいよ住宅や店舗の建設が始まった久之浜
地域が復興しなければ商店も再建できない
 仮設住宅とは異なり、多くの仮設商店街は、土地の所有者が返還を求めたり、区画整理などの都合で立ち退きを要求されたりしない限り、行政の判断次第で延長可能です。その一方で、仮設商店街を撤去する際の費用を国が負担する期限が最大で7年半と限られています。

 復興庁の担当者によると、仮設商店街の撤去費用には、数百万から数千万円かかるといいます。そのため、結果的に多くの仮設商店街がこの春から2年以内に撤去することになるのです。自治体や中小機構としても、地元の復興状況などを十分に考慮して、無理のない退去を求めていますが、その一方で、被災店舗の「自立」のためにも、他の再建支援などを積極的に活用するよう促しています。

 久之浜の「浜風商店街」でも、3月末ですべての店舗が退去する方針となっているものの、各店舗の再建状況などを様子を見ながら閉鎖していく見込みです。「はたや」の遠藤さんはこう話します。

「これまではあっという間の6年間。でも、店を再建して久しぶりに来てくれたお客さんの顔とか見ると、お互いに年取ったなって。6年間はやっぱり長い時間です。今までは原発作業員の人たちや観光客の人たちが来てくれたけど、これからは久之浜が魅力ある地域になるようにしないと。お年寄りが元気に暮らして、震災や原発事故で地域を離れた若い人たちが戻ってこようかなって思えるようにね」

 被災地の生活圏を復興させるために欠かせない商店主たち。しかし、地域が復興しなければ商店主たちも再建できないというもどかしさを抱えるなかで、新しい岐路に立っています。

◆被災の子、きっと強く優しくなれる
東日本大震災が発生した時、テレビ番組のロケで被災地にいたお笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきおさん(42)と富澤たけしさん(42)。震災で親を亡くした子どもたちや、震災後に生まれた自分の子どもへの思いについて語ってもらいました。

伊達 震災の時は、宮城県気仙沼市の魚市場にいました。海が目の前にあり、揺れがおさまると番組スタッフの指示で高台に避難し、そこで沖から迫ってきた津波が街をのみ込む様子を見ました。同じ場所に避難した地元の人たちは、自分の家が津波にのまれる様子を悲鳴も上げずにぼうぜんと見ていました。

 富澤 自分たちもそうでしたが、現実として受け入れられなかった。「映画でも見ているんじゃないか」、「何これ」と。妻は翌月に出産を控えていた。地震の揺れがおさまった直後に電話がつながり、お互いの無事を確認できましたが、その後は電話が全くつながらなくなってしまった。妻は、気仙沼が火の海になっている様子をテレビで見て、「死んでいるのではないか」と思ったそうです。

 伊達 僕は震災の翌年に子どもが生まれました。すると、震災で子どもを亡くした親のつらさをより感じるようになりました。

 仙台市に住んでいた同級生は、子どもと、妊娠中だった奥さんが津波に流され、家族の中で自分だけ生き残った。そいつは胸まで海につかって長い棒を使って自分の子どもを捜し出し、口の中が泥だらけなのを洗ってあげて。奥さんは2週間後に2キロくらい離れたところで発見された。その後、同級生は仮設住宅で1人でがんばっていたんですけど、やっぱり耐えられなかったんでしょうね。奥さんを火葬した日の1年後に、「子どもに会いに行ってくる」という遺書を残して自殺しました。

 そいつの気持ちがわかるんです。俺でも、たぶんそうするかもしれない。同級生のことは別にニュースになっていることでもないんですけど、被災地では、そういうことがいっぱいあるんだろうと思います。

 富澤 被災地の人と、何げなくしゃべっていると、話の途中で、津波で子どもを亡くしたり、行方不明だったりする人だってわかる時があります。そんな時、いまだになんと声をかけたらいいのか、わからないんです。

 伊達 震災直後に「東北魂義援金」を設立しました。当初は、被災者全体の支援のために募っていましたが、2人がともに親になった後、お金を一番必要としているのは誰だろうと話し合い、震災で親を亡くした子どもたちのために使おうと決めました。こう決めたのは、自分たち自身が親になったことがとても大きいと思います。被災地でしゃべっていて、「お父さんもお母さんもいなくなっちゃったから」という子どもがいました。大人になるまでには絶対にお金は必要ですから、その協力ができればと思います。

 被災地の子どもたちが強い大人になってくれるといいなと、思っています。僕が通っていた石巻市の小学校は1階の天井まで水がきた。震災後に行ったら、「1階の廊下に遺体が何体も流されてきて、小学生たちは避難所の体育館に行く際に遺体を見た」と先生から聞きました。「子どもたちは見なくていいものを見ているんだ」と。ああいう災害を経験した子どもたちは、乗り越えていけば、すごく強くて、すごく優しくなると思うんですよね。

 震災では、子どもの力はすごいなあとも感じました。

 富澤 停電でろうそくをつけたら……。

 伊達 うちのおいっ子の話ね。当時3歳くらいだったんですが、震災直後に仙台市の実家で、停電しているので大人がろうそくをつけた。すると、おいっ子が誕生日ケーキのろうそくと間違えて消すんですよ。「なんで消すのよ」って大人がまたつけると、また「フーッ!」と消して、「ハッピーバースデー!」と(笑)。

 余震でみんながピリピリしている中、そういうことがあってちょっとなごむみたいな。あれはすごく癒やされたって親が言っていました。

 富澤 長男は今5歳ですが、東日本大震災を伝えていこうと思っています。この前、テレビをちょっと見せようとしたんですが、まだそんなにわかっていない感じ。でも、次に津波が起きた時、子どもと一緒にいるかわからない。津波が起きたら1人で逃げろと。パパも逃げるから。後で会おう。大丈夫だから、と伝えていこうと思っています。

 伊達 津波の時は家族バラバラに逃げろという「津波てんでんこ」だね。うちは娘ですが、フリーアナウンサーの妻が、岩手県大槌町で3月11日の追悼式の司会を去年からしていて、娘も連れて行っています。すると、娘が「津波でたくさんの人が流されちゃったんだよね」と泣くんですって。普段も福島などに旅行に連れて行き、震災時の様子を説明しています。「この海が、今はここにあるけれども、どーんとふくらんできて、おうちが流されて、いっぱい死んじゃったんだよ」と。5歳ながらにちょっとは震災の怖さや知ることの大切さを感じてくれているのかなと思います。

Top